短期アルバイトを選ぶならこんな情報も

ブラックバイトに応募しないように

ブラックバイトということばがよく使われています。

アルバイトに応募したいけれど、応募するバイトはブラックではないだろうか?

そんな不安が応募側にはあります。

いまは、ネットの普及、スマホの普及などで、web応募が増えているといわれます。

しかし、まだ、60%以上の人が電話で応募をします。

そこで、応募者は、電話対応をみてブラックかどうか判断するそうです。

応募するとすれば、横柄な態度をされると、応募をためらいますね。

次に、どんな環境の職場か下見にいくようです。

店などのアルバイトに応募する場合は、その店にいってその雰囲気を感じてみるのですね。

特に店長がどんな感じかということです。

ピリピリしているようだと、店自体の仕事もピリピリしていそうです。

ネットの時代ですので、ググって調べることも怠らないようです。

そして、面接にいって、相手がどんな態度でくるか見るのですね。

面接をするのは、店長などその職場で一番上の立場の人なので 特に、上から目線で面接をされると、応募する側からするとこれもためらわれるかもしれません。

いまは、アルバイトも売り手市場といわれますので、採用する側もそれなりに努力しないとアルバイトも応募してきません。

人間は波長が合う人が集まるものです。 合わないところからは離れるものです。

だから、そこで働いている人をみて、いいかなと思うなら、自分に合った人が多くいる環境だと思います。6414408

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です