アルバイトなら簡単に解雇されるのか?

正社員と違ってアルバイトは真っ先に解雇されてしまうような感じがしますが、

実際、アルバイトは簡単に解雇されてしまうのでしょうか?

雇用者・経営者側はアルバイトを簡単に解雇してもいいのでしょうか?

そんな疑問があります。

アルバイトだから仕方がない。そう思って泣き寝入りすることもありますが、

アルバイトだからといって、簡単にクビにしてはいけないのです。

アルバイトでもそんなに簡単にクビにされません。

アルバイトといえども、労働契約であるので、労働基準法が適用されます。

雇用主の都合で労働者を一方的に解雇することは、法律で禁じられています

アルバイトも労働者で同じです。

解雇にするには、「客観的に合理的な理由」と「社会的相当性」がないと権利の濫用として無効となります。

「このアルバイトは失敗が多いから」とか言葉遣いとか、接客態度が悪い、勤務態度が問題だ、などという理由でも

それだけでは解雇できません。

常識範囲のことで、再三注意して、それでも改善が見られないなど、

雇用経営者側の相当の努力にもかかわらす

解雇されても仕方がないと客観的に思えるくらいにならなければ、解雇は仕方ないかもしれません。

解雇する場合にも、30日前に予告するか、30日分の賃金を支払わなくてはなりません。

2016年06月16日